女性のガンについて

女性のガンについて

女性のガンについての悩み、不安や質問など書き込んでください。

Q:検査結果

2012/08/29 17:47  マッキー

先日、相談させてもらったものです。
自覚症状→AGC→精密検査→半年経過→本日8月の上旬に検査した(コルポ診・細胞診)結果を聞きました。
結果は、クラス2(NILM)・・主治医からは不正出血もなくなっているので1年後検診ということになりました。
ホッとはしましたが少し不安があります

①この結果をすんなり受け入れても大丈夫でしょうか?
AGC判定は悪ければ腺ガンとなると思いますが、見つかりにくいという事を
聞いていますので不安です。
NILMとい事は陰性ということですよね?本当に正常に近づいたのでしょうか?
今後どうしたらいいのでしょうか?とても迷っています。
どう思いますか?

②先日、HPV検査が有効とのアドバイスを頂いたので主治医に受けたい旨を話した所
「ある程度までの状態にいかないと保険も利かないし、当病院はやっていないです」と言われました。仕方なく帰ってきましたが・・・
国立の大学病院でも受けさせてもらえない事って普通なんでしょうか?
HPV検査はどこかの婦人科で受けた方がいいでしょうか?
それともNILMなら受けなくてもいいと思われますか?

アドバイスをお願い致します。

A:回答済

2012/08/31 9:21

婦人科医院 院長
 AGCが出たという事は、腺がんに注意して下さいという事ですが、必ずしも腺がんが疑われるという事ではありません。
AGCは腺がんの時もある、その前の状態の事もある、しかし異常が無い時もあるという意味です。
この細胞が出た時は、次の2つの事が必要になります。
 ①精密検査をうける(コルポ診ー必要なら組織診)。
 ②日を改めて再検査をうける。
 
今回の御相談の方は、上の2つともクリアしていると考えられます。
その意味では、担当の先生のアドバイスは正しいと思いますが、それでも間違いは起るものです。
安心するためには、半年後位にまた検診をうけるという方法があります。

 なお、HPV検査は細胞診でASCUSが出た場合、組織診でCINー1、CIN−2が出た場合のみ、保険が効きます。
それ以外は自費診療になります。
日本では保険診療と自費診療を1つの施設で行うのは禁止されています。
このため国の直接管理の下にある国立大学病院では自費のHPV検査は受けられない可能性があります。
但し一般の病院ではそうではありません。
予め電話で尋ねると、検査可能か教えてくれると思います。

ログイン ID・パスワードを忘れた方