女性のガンについて

女性のガンについて

女性のガンについての悩み、不安や質問など書き込んでください。

Q:アスクハイその後の経過観察について

2012/08/27 18:49  雪山

よろしくお願いします。今年の1月に生理不順のため婦人科を受診し、子宮頸がん検査をしたところクラス3、アスクHが出まして、紹介された総合病院にて約一ヵ月後細胞診、コルポ診、組織診を行い、結果すべて異常なしでした。その病院ではその後のフォローアップはなく、今後は1年に1回の集団検診でよいとのことでした。組織診後、約2ヶ月ほど後に会社の人間ドッグにて婦人科検診を行ったところクラス2で異常なしとのことでした。アスクHの結果後、2回細胞診を行って2回とも異常ないとのことですので、通常の検診ペースで大丈夫でしょうか?最後に検査してからそろそろ半年なのでどうしようか思案中です。
しかし、なぜアスクHが出たのかハッキリせず、異常ないとは言われましたが何となくすっきりしない状態です。アスクアスならまだしも、アスクHは断定は出来ないながらもかなりの確立で異常が見つかると状態でですよね。生理不順が(生理が16日で来てしまいました。いつもは順調で28日周期です)細胞診に影響を及ぼすことなどあるのでしょうか?
ちなみにHPVはハイリスク陰性といわれています。(詳しい型番などはわかりません)

A:回答済

2012/08/30 9:54

産婦人科医院 医師

 アスクH(ASC-H)は、子宮頚がん検診で高度の異形成上皮を疑うものの(HSILといいます)、それ以上の時やそれ以下の時もあるという意味になります。
  当ネット 右欄 子宮がんー子宮頚がんをごらん下さい。
ここで高度の異形成上皮(HSIL)以下の時があるというのは、軽度の異形成上皮(LSIL)や全くの正常の時もあり得るという事になります。

 細胞診検査は、子宮頚がんの出来易い部分の細胞を採取し、1個1個の細胞にがんの変化がないかを見るものです。時々異常では無いのに、異常があるかも知れないという結果が出る事があります。
細胞を評価する専門家が、実際の病気があるかどうか判定に迷う時(これをまず疑われる異常の程度によりASCUSあるいはASC-Hと推定します)、あるいは判定を間違える場合もあると考えて下さい。
判定を確かにするためにコルポ診、組織診、そしてHPV検査がすすめられるのです。
 今回1回目の細胞診後のコルポ診、組織診で異常なし、2ヶ月後の細胞診がクラスⅡだったとすると、アスクH(ASC-H)が出ても実際には異常でなかった可能性があります。
しかし、それでも判断が違う事があります。ここでもう1度検査をうけると、正確さは増す事になるでしょう。

ログイン ID・パスワードを忘れた方