女性のガンについて

女性のガンについて

女性のガンについての悩み、不安や質問など書き込んでください。

Q:ベセスダ LSILとASCUS

2012/07/07 9:03  アツコ

 子宮頚がん細胞診検査で、前回はLSILと言われ、3ヶ月後の検診に行きました。
今回はascusだそうです。
LSILより良くなっているとの事ですが、どういう意味かよく分かりません。
教えていただきたいと思います。

A:回答済

2012/07/09 9:33

婦人科クリニック 医師

 子宮頚がん検診では、以前はクラス分類という判定方法でしたが、今はベセスダ分類という方法で結果が出ます。
 LSILというのは子宮の出口のがんの出来易い所に、Low=軽度の異常がある可能性があるという意味です。
この状態は、今は「軽度」の異常かも知れないものの、将来程度が進行する可能性があるため定期的な検査が必要という事を意味します。

 一方ASCUSというのは、子宮頚がん検診でLSILを疑う異常細胞が出ているだろうと考えられるものの、確定的では無い事を意味しています。
細胞診上、専門家の目では病気の推定がやや難しいという事ですが、基本はLSILと考えて、次の検査に備えるのが良いという事です。
ASCUSが出た場合、より正しい判断をするために、HPV検査や膣拡大鏡検査を、医師側から提案される事があります。

ログイン ID・パスワードを忘れた方