女性のガンについて

女性のガンについて

女性のガンについての悩み、不安や質問など書き込んでください。

Q:ⅢaとベセスダLSIL

2012/03/26 14:09  美由

がん検診をうけたらⅢaと言われました。
その後3ヶ月づつ検診をうけていましたが、今度はベセスダ分類LSILと言われました。
軽度の異常と言われ、また3ヶ月後の検診で良いと言われました。
でもⅢaとベセスダ分類LSILがどう違うのか心配です。
少しでも悪くなっていると困ります。
今までは近所の婦人科に行っておりⅢaと言われれていました。
今度は友達にすすめられて、市立病院に行ってLSILと言われたのですが・・・。

A:回答済

2012/03/29 9:31

産婦人科病院 医師

 子宮頚がん検診では数年前まではクラス分類と言ってⅠ−Ⅴまでの5段階で結果が出ていました。
もっともクラスⅢはⅢaとⅢbに分かれるので正式には6段階です。
このうちⅠ、Ⅱはがんについては異常ないという意味になります。
ⅣとⅤはがんが疑われる状態ですが、Ⅰ、Ⅱの異常なしとⅣとⅤのがん疑いの間にⅢ(ⅢaとⅢb)の「気をつけて」という判定があります。
Ⅲaは軽度の気をつけて、Ⅲbは高度の気をつけてという意味ですが、それぞれ将来がんになる可能性に差がある事が分かっています。

 このクラス分類に対して最近ベセスダ分類という診断基準が採用されました。
これまでのクラス分類に対し、より詳しく病気を推定しようという意味があります。
ベセスダ分類のLSILはL=low(低い)、SIL=気をつけて、という意味で従来のクラスⅢaとほぼ同じと考えて良いでしょう。

ログイン ID・パスワードを忘れた方