女性のガンについて

女性のガンについて

女性のガンについての悩み、不安や質問など書き込んでください。

Q:HPV16型

2012/03/06 11:28  かりん

高度異型成→円錐切除を勧められHPV検査の結果、16型でした。
コルポ診、組織診では浸潤はしていないと言われています・・・そこで質問なのですが、

① 病理の結果、0期以上の結果が出ることはあるのか?

② 断片陰性でも喉や他の粘膜に16型があった場合、自然排出されることはないのか?

③ 断片陰性でも再発はあるのか?

④ 浸潤していなければ転移は無いのか?

ハイリスク型の術後、気をつけなければいけない事がありましたら教えてください。

宜しくお願い致します。

A:回答済

2012/03/08 10:40

婦人科クリニック 院長
 円錐切除手術前の高度異形成上皮は、手術後0期あるいは0期以上の異常が出てくる事があります。

 HPV16型は、18型とともに将来子宮頚がんになる可能性が高いと考えられていますが、それでも免疫の力で、ウィルスが自然に排出される事が多いとされています。

 なお円錐切除手術後、断端陰性でも再発の可能性はあります。
また理論上、0期のがんであれば(浸潤していなければ)、転移は無い筈ですが、統計上、転移がある人が見つかる事はあり得ます。
しかし、これらはいずれもめずらしい事です。

 円錐切除後の病理検査の結果が大切ですが、術前に高度異形成上皮だった場合、HPV陽性でも①実際にはがんであった、②浸潤にしていた、③転移があった という事は非常に稀な事です。
手術後定期的な検診をうけ、十分な話し合いを行っていれば、病気を克服する事は十分可能だと考えます。

ログイン ID・パスワードを忘れた方