女性のガンについて

女性のガンについて

女性のガンについての悩み、不安や質問など書き込んでください。

Q:細胞検査の結果と、組織検査 4

2011/12/13 16:05  うさぎ

婦人科クリニック 院長 様

ご回答ありがとうございます。

先日、大学病院に行ったところ 紹介状の先生が学会で不在のため診察はしていただけませんでした。コルポ診なしで行った 組織検査のプレパラートを借りてくるように言われ
すぐに持っていきました。それを検査するのが2週間かかるということで 次の予約は今月末になりました。

今日初めに検査をうけた病院にHPVの検査結果を聞きにいきました
(ハイリスク13種)陽性 52 56 68 検出と書いてありました。

三種類も感染しているということは かなりガンになるリスクは高いのでしょうか?

今後、陰性になる可能性もあるのでしょうか?

免疫力を高める方法はなにかありますでしょうか?

今47歳です 毎年検診をして 何の異常もなかったですし 昨年の検診の結果を見せてもらいましたが HPVも陰性でした。

一年でこんな結果が出るなんて 思いもしませんでしたので とても不安な日々をすごしております。

A:回答済

2011/12/16 9:35

婦人科クリニック 院長

 HPVの型によって将来子宮頚がんになる確率がだんだん分かってきました。
16型、18型のがん化の率が高い事は知られている通りです。
それ以外に31、33、35、45、52、58型のどれかに感染していると、5年以内にCINー3(高度異形成上皮という、いわゆる前がん状態と最初期のがんである0期のがんを合わせてそう言います)になる確率が20%というデータがあります。

 今この状態で将来の事を考えて、レーザーやリープ法で子宮の出口のがんの出来易い部分を取り除くという方法があります。
一方で、専門病院での精密検査の結果で、中等度異形成上皮に至っていないという事であれば(専門医の所で組織検査の結果が変わる時もあります)、定期的な検査を条件に手術をしないという選択の可能性もあります。

 HPVウィルスは免疫の力で身体から追い出される事は当然ありますが、今までの経過をみると、将来余計な心配をしなくて済むように手術をすすめられる事もあると思います。
しかし今度は専門医の先生ですから、疑問の点はしっかり聞いて、十分納得の上、将来の方針を決めて下さい。

ログイン ID・パスワードを忘れた方