女性のガンについて

女性のガンについて

女性のガンについての悩み、不安や質問など書き込んでください。

Q:子宮頸がん、子宮摘出後の検査結果

2011/11/15 15:48  まあむ

今年5月に子宮がん検診で0期の子宮頸がん(classⅣ、HSIL)が見つかり、8月に円錐切除手術を受けました。検査結果はCIN3、浸潤なく断端は陰性でした。
しかし1ヵ月後の検診で再びCIN3とCIN2が見つかりました。術後1ヶ月という短期間であることから、再発ではなく取り残しの可能性が高いと説明を受けました。まだ妊娠を希望していたので再度円錐切除術を希望したのですが、

・前回深めに切除しているので大量出血の危険性がある
・仮に妊娠しても流産・早産の可能性が高くなる
・病変が頸部の奥の方にあるのでまた取り残す可能性もある

などの理由から子宮摘出をすすめられ、10月に膣式単純子宮摘出をしました。病理検査の結果は、頸部からCIN2が4ヶ所見つかりました。

CIN2であれば経過観察をする場合が多いと聞きますが、子宮摘出しか治療法はなかったのでしょうか?
またこれでがんは完治するのでしょうか?

A:回答済

2011/11/17 9:11

婦人科クリニック 院長
 子宮全摘後の組織検査がCINー2だったとの事です。
今の時点で手術の判断が適切だったか、子宮全摘手術しか方法がなかったのか等については、判断が極めてむずかしいとしか言えません。

 また手術後CIN−2だったとの事ですが、ある広さをもった子宮の出口(子宮頚がんが出来やすい所)全体を顕微鏡で調べるのは、むずかしい時があります。
調べた別の所にCIN−3がある時があります。
一方、CIN−2と判定したものの、その中に極く一部CIN−3と判断される部分がある時もあります。

 手術前の状態を含めて、今回の様な大事な事は、ネットでの情報のやり取りは向いていない様に思えます。
後からの講釈にになりますが、円錐切除前に、担当医、専門医との話し合いが大切だったと言えるでしょう。

 なお、CIN−3とは、がんの前段階である高度異形成上皮から0期の子宮頚がんまで幅広い異常が含まれます。
子宮全摘手術をうけると、再発は殆どありませんが、主治医が大丈夫というまでは、通院を必要とします。

ログイン ID・パスワードを忘れた方