女性のガンについて

女性のガンについて

女性のガンについての悩み、不安や質問など書き込んでください。

Q:hsil(ベセスダ分類)が癌になる可能性?

2011/11/12 9:09  ありさ

ベセスダ分類hsilと言われておりますが、担当の先生には将来がんになる可能性があるかも知れないと言われました。
1−2ヶ月後に再検査しましょうと言われました。
①ベセスダ分類hsilとはどんな状態を言うのでしょうか。
②また将来がんになる可能性はあるのでしょうか。

A:回答済

2011/11/15 10:11

レディースクリニック院長

 ベセスダ分類の結果については当ネット、子宮がんー子宮頚がん:ベセスダ分類を参考にされる事をおすすめします。
さて当ネットにあるように、ベセスダ分類hsil(HSIL)というのは、詳しい組織検査を行うと
①中等度異形成上皮、②高度異形成上皮、③上皮内がん(最初期の子宮頚がん)
のどれかが出る可能性がある状態を言います。
従ってhsil(HSIL)が出た時は、コルポ診の上、組織検査をうける事をおすすめします。

①であればHPV検査や慎重な経過観察をすすめられるでしょう。
その結果将来手術をすすめられる事もありそうです。
②、③であれば何らかの手術をすすめられる場合がありそうです。

 なおhsil(HSIL)から将来がんになる可能性はあります。
①中等度異形成上皮でHPVハイリスクがあれば将来がんになる可能性が出てきます。
これはHPVの型により危険度率が異なります。
②高度異形成上皮の場合も同様ですが、この場合、高度異形成上皮と上皮内がんの区別が困難な時もある事に注意しましょう。

ログイン ID・パスワードを忘れた方