女性のガンについて

女性のガンについて

女性のガンについての悩み、不安や質問など書き込んでください。

Q:HPV 16型と18型

2011/11/07 16:23  ゆい

9月から不正出血が続き、婦人科を受診しました。

細胞診ではⅡbで、HPV検査では686.46という値で16型と18型と言われました。
先生にはもう一度3カ月後に検査をしましょうといわれたのですが、今後子供も欲しいと思っているので心配でたまりません。
色々と調べると免疫で排除される可能性もあると書いてありますが、16型と18型の私でも大丈夫なのでしょうか?


今はプラノバール配合錠という薬を飲んでいます。(最初はプロベラという薬を飲んでいました。)
先生にはこのお薬が飲み終わって2〜3日後ぐらいに生理がくると思いますと言われましたが、生理がきてそのまま出血が長引いた場合は悪化していると考えていいのでしょうか?

今後どのようにしたらいいのでしょうか?
宜しくお願い致します。

A:回答済

2011/11/10 9:22

産婦人科医院 院長
 子宮頚がんの原因になるHPV感染は、その殆どのウィルスが免疫の力で身体の外に追い出される事が分かっています。
16型や18型もその中に入ります。
現在の所、16型で96%、18型で99%の割合で排除されるというデータがあります。

 しかし仮に全体のデータがそうであっても、残りの数%の方に入っては困ります。
特に2種類のHPV感染があると、より注意が必要とのレポートがあります。
さらに18型によって腺がんが発生すると、診断がむずかしい時もあります。
これらは定期的な検診をうける事で解決できるでしょう。

 さて、細胞診で、今クラスⅡbと言われているとの事です。
Ⅱbと言われた事は良いのですが、細胞診だけで判断する事は完全ではない時があります。
細胞診というのは、幾つかある子宮頚がん検診の1つでしかありません。
コルポスコープ検査とそれに伴う組織検査が必要な時があります。

 なお、これらについては子宮がんの専門医と相談すると良いと思います。分かり易く説明してくれる筈です。
なおプラノバール服用後の出血については過度な心配はなさそうです。

ログイン ID・パスワードを忘れた方