女性のガンについて

女性のガンについて

女性のガンについての悩み、不安や質問など書き込んでください。

Q:局所麻酔でのLEEPの痛みその他

2011/03/11 18:58  いくら

1月に子宮頸癌の検診でHSIL高度異形成の診断を受け、4月に外来で局所麻酔で円錐切除術(LEEP法)を控えています。

局所麻酔について質問なのですが、人によっては痛みを感じる人もいるということです。痛みを強く感じる人の割合と痛みの程度はどのくらいなのでしょうか。もし、自分がそのうちに入ってしまったらと思うと、とても恐ろしいです また、なるべく痛みを感じないようにするために、手術前に痛み止めを飲んでおくというのは有効でしょうか?

また、術後患部の瘡蓋が剥がれる際に止血処置が必要になるほどの大出血が起きることもあるそうですが、どの程度の割合で起きるのでしょうか? 病院まで40分はかかるので不安を感じています。

それと、狙い組織診で、5カ所取ったうちの1つが高度異形成、他4つは中等度異形成でした。先生は「見たところ癌じゃないねえ」と、切っても切らなくてもいいと、楽観しているようだったのですが、当方心配性なので経過観察は耐えられそうになく、手術をお願いしました。HSILというのは経過観察で異形成が消えることはないとネットでの情報を得たのですが、今のうちの手術が確実で有効な手段だと思われますか?

また、念のため線癌の検査をお願いし、子宮頸部の奥の方の細胞診をしていただいたのですが陰性でした。細胞診が陰性でも円錐切除(LEEP)の結果線癌が進行していたという可能性はどのくらいありますか? 先生は長年の勘からだと思いますが、その心配はなさそうだと言っています。また、線癌が心配だからより奥の方まで円錐切除するというのはナンセンスで、奥の方まで切り取ると局所麻酔だと痛いよとも言われました。奥まで切り取らないで線癌を見逃すと言うことはあるでしょうか?

A:回答済

2011/03/14 9:36

産婦人科医院 院長
 まずLEEP法の麻酔ですが、多分痛みは少ないでしょう。
局所麻酔で良いと思いますが、痛みが心配な時は、その旨医師に伝えておいた方が良いかと思います。
局所麻酔の前に痛み止めの坐薬を入れたり、手術の時点滴で痛みを緩和する薬剤を投与される時があり、それなりの効果があります。

 次に手術後の出血は時々起こり得る事ですが、手術をする範囲、手術の時の出血の程度などで、その後の出血の確率が違います。
その点は担当医からお話がある筈で、手術後万が一、自宅で出血した時の注意事項もあるだろうと思います。
なお一般的に、出血したら、自分でタンポンを入れる事で、ある程度の止血になり、それから病院に行くので間に合う事が多いようです。

 またHSILで、しかも高度異形成上皮が1ヶ所でもあれば手術をすすめられる場合の方が多いと考えます。
将来何%の確率で、がんになるかは、HPV検査ではっきりします。より確実な情報を知りたいと考える場合、担当医と相談の上HPV検査をうけるという選択もあります。
もう1つ、高度異形成上皮の場合、0期のがんと区別が困難な事があります。
このため、「今がんではない」と言い切れない場合もある事に注意しましょう。
 これらについては、当ネット、子宮がんー子宮頚がんをごらん下さい。

 最後に腺がんの可能性についてですが、細胞診検査、膣拡大鏡検査、組織検査をうけた様ですから、これで腺がんを疑う細胞が出ていなければ、普通は、腺がんの心配はないかと考えます。この様な場合は、広い範囲の円錐切除をする必要はなさそうというのは、担当の先生と同意見です。

ログイン ID・パスワードを忘れた方