女性のガンについて

女性のガンについて

女性のガンについての悩み、不安や質問など書き込んでください。

Q:asc-us Ⅲaで HPV陰性。ワクチン接種すべきですか?

2011/01/30 15:24  もも

40歳です。今回 初めてasc-us Ⅲaの検診結果でした。(今まではⅡ)
そしてHPV検査の結果 ハイリスク陰性で、主治医には
ワクチンの接種を強く勧められました。

細胞診の結果が出てから ネットで色々と調べているのですが
よくわからなくて・・。いくつか疑問があるので 教えてください。

細胞診の結果は asc-us(軽度扁平上皮内病変疑い)ClassⅢa と
なっています。この「疑い」という表現に期待をしてしまうのですが
いわゆる軽度異形成ではない可能性も まだあると言う事でしょうか?
今回は 膀胱炎で受診した際 生理中にもかかわらずがん検診をされました。
生理中であっても 細胞診の結果に影響はありませんか?

現在ハイリスク陰性で 今後もパートナーは主人のみですが
今後16型や18型に感染する可能性は あるのでしょうか?
(主人も私以外にパートナーを持つような事が無いものとして。)

年齢的に ワクチンの効果が期待できるか不安ですし
ワクチンを接種したとしても 定期的に細胞診を受けないと
心配なので がん検診は続けるつもりです。
このような状態でも ワクチンを接種するべきでしょうか?

今のところ自分では 半年後くらいに細胞診を受けて
変わらないようであれば それから接種を考えてもいいかと
思っているのですが。
あと 今回のHPV検査の際に ポリープが見つかり その場で
取ってもらいました。
普段からおりものも多いので そもそもあまり健康な状態では
ないのでしょうか?
(おりものについては 以前の検診の際に相談したところ
問題ないと言われました。)

どうぞ よろしくお願い致します。 







A:回答済

2011/01/31 9:22

産婦人科医院 医師

 asc-usという異常はベセスダ分類といってLSIL(軽度異形成上皮)が最も疑われる異常ですが(クラス分類ではⅢa相当)、細胞診検査では、まだはっきりと病変が推定しきれていない状態をいいます。
確率的には低いのですが、軽度異形成異常以下の時や以上の時の可能性もあります。
この状態の時は、HPV検査をすすめられる事がありますが、この際ハイリスクHPVが陰性の時は、将来がんになる可能性は極めて低いと考えられています。(多分0に近いと思われます)。

 この状態であれば、パートナーが変わらない限りは将来子宮がんになる可能性の高い、16型や18型のHPVに感染する事は殆ど考えられないため、ワクチンの投与は必要ないと考ええあれるのが普通でしょう。
しかし、人生、今後何が起るか分からないと考えたら、今後16型や18型に感染しないように、ワクチンを投与するのは悪くはありません。
今のところ、ワクチンで約70%位の子宮頚がんが予防出来るとの事ですから、いつでも宜しいですからワクチンの投与は意味があると考えて良いのではないでしょうか。
 なおポリープはまれにポリープ内に異形成上皮がある時があります。切除後の顕微鏡の検査の結果が大切になります。
普段の健康とポリープ発生については関係がなさそうです。

ログイン ID・パスワードを忘れた方