女性のガンについて

女性のガンについて

女性のガンについての悩み、不安や質問など書き込んでください。

Q:子宮がんlsilとhsil

2010/12/29 9:09  美郷

子宮頚がん検診をうけたら今回はlsilと言われ3ヶ月後の検診で良いと言われました。
前回の検診ではhsilのため1ケ月後の検診と言われたため、あわてて今度再検診をうけたので、次は3ヶ月後となりました。
hsilと言われた後の心配が残っています。
hsilとlsilの違いを教えていただきたいと思います。

A:回答済

2011/01/05 9:29

産婦人科クリニック 副院長
 lsilとhsilの違いは、表現の通り言えばl(low)とh(high)の違いです。
lとhの後につづくsilはsquamus intraepithelial lesionの略で、子宮がんの出来やすい部分に異常細胞が出ているという事です。
lはそのうち軽いもの、hは重いものを意味します。

 現在のところlsilは約2−3%の確率で将来がんになる可能性があり、医師の指示に従い、定期的な観察が必要という事になります。
 一方hsilは将来がんになる確率は約20%というデータがあります。しかしhsilには、最初期のがんである0期のがんが含まれている可能性がある状態と定義されております。
このためhsilが出た時は、膣拡大鏡検査などの精密検査が必要になります。

ログイン ID・パスワードを忘れた方