女性のガンについて

女性のガンについて

女性のガンについての悩み、不安や質問など書き込んでください。

Q:子宮頚がん検診で8年前から異形成で心配してます。

2010/07/15 14:49  まりりん

現在40歳です。8年前の子宮頚がん検診ではじめて、軽度異形成でひっかかり、そのあとすぐに精密検査で組織診して結果は同じく軽度異形成でした。それから3ヶ月から半年に一度細胞診をしてますが、ずっと軽度異形成でしたが、6年前と2年前に一度ずつクラス2で正常に戻ったことがあります。今年2月の細胞診の結果は3A−ASCUSでしたが、5月の検査では3A−HSILと同時にしたHPV中〜高ハイリスク検査で陽性とでました。急に悪くなってしまったのかとかなり心配になり、1ヵ月後の6月末にコルポ等設備の整った病院行き精密検査をしました。結果は細胞診3A−HSIL、コルポCIN2、組織診はLSIL、HPVタイピング検査(6,11、16、18、52,58等16種類)はなんとすべて陰性でした。細胞診で中等度と悪くなってしまって、HPVが1か月前には陽性だったのに、陰性になることはあるのでしょうか?でもどちらの病院でも細胞診はHSILなのでそれはそのまま受け止められますが、組織診ではLSILなので
それが確定診断なのでしょうか?本当の今の自分の状態はどうなのかとても不安です。精密検査を受けた病院の先生にはHPVが陰性だから、がんになる心配はないといわれ、また3ヵ月後に検査と言われましたが、そのまま安心することができずに質問させていただきました。長くなり申し訳ございませんが、ご回答お待ちしております。どうぞよろしくお願い致します。

A:回答済

2010/07/16 13:57

レディースクリニック 院長

 細胞診でHSIL、コルポ診で、CIN2相当となると、組織検査では中等度異形成上皮以上の異常が疑われます。
一方、今回の組織検査ではLSIL=軽度異形成上皮との事です。
これは細胞診検査、コルポ診検査と組織診検査が一致していないという事になります。
子宮がん検診では一応組織検査が最終診断ですが、組織検査が100%正しい診断をしているという保証はありません。
1.一番異常度の高い所を検査出来たか?
2.組織検査の判定が正しいか?(実際は軽度か中等度か区別がむずかしい時があります)
等の問題があるからです。
これを解決するには、定期的な検診をうける事が必要になるでしょう。

 なおHPVの検査については判定が違う時があります。
これは検査法が違うのが原因の時があります。
またHPVの型のどれをチェックするかで、判定が違って出る時もあります。

 もう1つ注意しておかなければならないのは、HPV(-)でも症状が進む事がありそうだという事です。
これは、子宮がんになった人でも、HPVが(-)の時が時々ある事から推測されています。
HPVと子宮がんの関係については、まだまだ研究が進まなければならない事がありそうです。

 今回の回答は却って心配させる事を増やしたかも知れません。
しかし定期的にしっかり検診を受けていれば大丈夫かと思います。疑問の点があれば、担当の先生と十分話し合う事も大切かと思います。  

ログイン ID・パスワードを忘れた方