女性のガンについて

女性のガンについて

女性のガンについての悩み、不安や質問など書き込んでください。

Q:HPVワクチンとがん検診。

2010/07/15 9:15  奈緒

先日テレビで子宮がんの予防ワクチンのお話がありました。
子宮がんの予防になる事は分かりましたが、ワクチンを打つと子宮がんになる可能性は無くなるのでしょうか。
そうなると、今までうけてきた子宮がん検診をうける必要もなくなるのでしょうか。

A:回答済

2010/07/16 14:28

産婦人科病院 部長

 子宮頚がんの原因はHPV(ヒトパピローマウィルス)の感染であるという事はだいたい間違いないようです。
今の所人間の身体に感染するのは100種類位との事ですが、女性の膣内には40種類位のHPVの感染の可能性があると考えられています。
このうちハイリスクグループというのがあって、将来がんになる可能性があるとされています。
このハイリスクグループのうち16型と18型の2種類が子宮頚がんの原因になる可能性が強いと考えられています。
国や地域により、この型に差があるようですが、殆どの国でこの16型と18型が多いだろうと言われています。

 我が国でも同様で、この16型と18型だけで、大よそ70%と言われています。この16型と18型のウィルスの感染を予防するのが、今のワクチンです(サーバリックスといいます)。
この薬剤は、他の型(構造が似ている)のHPVにも多少効果があるため、大よそ80%のがんの予防になると考えられています。
 しかし逆に言うと約20%のがんは予防出来ません。このため残りの20%を見逃さないように、子宮頚がんの検診を受ける事は必要になります。

ログイン ID・パスワードを忘れた方