女性のガンについて

女性のガンについて

女性のガンについての悩み、不安や質問など書き込んでください。

Q:子宮頸がん検診で初めてⅢbと・・・

2010/05/19 21:26  マヨニャン

毎年受けていましたがⅡまででした。Ⅲbと聞いてショックを受けています。来週大きな病院に組織診を受けに行きます。色々自分で調べてますが、ガン0期で無ければ円錐切除手術になりそうですか?場合によっては、その後ガンが見つかる事もありえない事は無いそうなので、子宮全摘するほうが、後々楽になるよーと友達にも言われたり・・手術は初めてでものすごく不安で。どうなるか結果がでるまでまだまだかかりそうなので、その前に色々教えて頂きたくて。長々すいませんが宜しくお願いいたします。

A:回答済

2010/05/20 13:16

産婦人科医院 院長
 まず細胞診Ⅲbというのは、最終診断ではない事を確認しておきましょう。
今回組織診を受けに行った際、詳しくお話があるでしょう。
 最初にコルポ診がすすめられ、そこで異常があった場合、その異常の部分を切り取って診断するのが組織診で、これが最終診断になります。
HPV検査が参考になる時もあります。
 これらについては当ネット:婦人科の病気、子宮がんをごらん下さい。

 さて当初細胞診でⅢbと言われても、上に述べた詳しい検査を行うと、その結果については、いろいろな可能性があります。
 ①中等度異形成上皮〜高度異形成上皮
 ②0期のがん
 ③初期の浸潤がん(Ⅰa期程度位まで) 等が見つかる時があります。
これらの何が出たかで、次の方針がすすめられるでしょう。これには年令や将来赤ちゃんを希望するか等も考慮されます。
例をあげると、中等度異形成上皮なら、HPVの結果と合わせ(HPV検査をうけたと仮定して)、手術をせず経過観察という事もあります。
 また高度異形成上皮や0期のがんの時は円錐切除がすすめられる時があります。
しかし円錐切除をした上で、詳しく調べると極く初期の浸潤がんが見つかる事もあります。
その時は改めて子宮全摘をすすめられる時もあるでしょう。
一方で、円錐切除をしたら、がんが見つからなかった等という時もあります。この時はそれで終了です。これらはすべてケースバイケースです。

 次回は①まず説明をうけた上でしっかりとした検査をうけること、②次に結果を聞いてその後の治療方針を確認すること、この際は幾つかの可能性がありますから、あらゆる可能性についてお話を聞く事、また質問する事が大切です、③手術をした場合は、その結果と、次に予想される病気の改善度(100%安心か、そうではないか等)を聞くことにしましょう。
今の段階では、こうした回答となりますが、組織検査の後で、もう少し詳しい病状が分かるでしょう。その折再度質問されても良いと思います。

ログイン ID・パスワードを忘れた方