女性のガンについて

女性のガンについて

女性のガンについての悩み、不安や質問など書き込んでください。

Q:HPV検査の見方について

2010/04/07 17:29  tara5

去年の6月に出産をし、妊婦健診の一つとしてがん検診がありました。
その際の結果は、用紙が2枚あり、1枚は「細胞診検査報告書」で、(結果CLASSⅠ・陰性)とありますが、もう一枚の用紙は「検査報告書」とだけ書いてあり、検査項目に「ヒトパピローマウィルスDNA(ハイリスク)」、それぞれの項目には「結果(陽性)」、「材料No.(22)」、「コメント(&D)」、「単位」は空欄で、「基準値(陰性)」とありました。
医師の説明は詳細はなく、半年後再検査とだけ言われ、2回目の検査結果は「細胞診検査報告書」のみだけ渡され、結果はCLASSⅢaでした。
そして「3ヶ月後精密検査もしてみましょう」と言われ、先日顕微鏡を使い、少し出血する検査を行いました。帰宅後ネットで調べて、コルポ診というものだっただとわかりましたが、先生は無口で、あまりきちんとした説明がありません。
始まりは、妊婦健診の一環でやった検査でしたので、私も理解をして受けていたわけではなかったのですが、こちらのサイトを色々拝見させて頂き、自分の持っているウィルスの型を知る必要があると思いました。私が一度目に受けた検査は、細胞診ともう一つはどういった結果がわかるものなのでしょうか?気になっているのが、「材料No.(22)」というところで、これはウィルスの型のことでしょうか?また、検査項目に(ハイリスク)とあるのは、私のウィルスの型がハイリスク型だと断定されているのでしょうか?
違うのであれば、先日受けた精密検査でウィルスの型を特定することはできますか?できないのであれば、更に型を特定する検査を受けたいと思っているのですが、その際の検査費用も伺いたいです。
精密検査の結果が出るまでは時間がかかるようで、いてもたってもいられません。
先生の人柄に加え、病院はいつも混んでいて、無知な私がゆっくり質問する時間もないので、ある程度私が状況をわかった状態で、自分はこうしたいという意見を次回伝えたいと思っています。どうぞよろしくお願い致します。

A:回答済

2010/04/09 11:16

婦人科病院 院長
 1回目の検査項目「ヒトパピローマウィルスDNA」の件については、何を意味しているかの推測は不可能でしょう。
22という番号は現在検査で検出されるHPVの型にはありませんので、もしかすると、検査の伝票番号が22番だったという事かも知れません。しかし本当の意味は不明です。

 また先日受けたコルポ診や組織検査では、HPVの感染までは分かりません。ウィルスの検査は自費のため、普通検査の前に、その検査の必要性と費用の説明があると思います。病院、検査の方法により差がありますが、今のところ7000円〜20000円位の所が多いようです。

 さて今回のようにⅢaと言われた時は、次の検査を必ず受ける必要があります。
30−40年前からの統計がありますがⅢaの人は2−3%位の割合で将来子宮がんになるというデータがあります。(年単位の事ですが)
Ⅲaと言われた以上は、出来れば3ヶ月位のうちに、コルポ診、さらにその際必要と判断された時は組織検査がすすめられるでしょう。但しHPV検査が陰性の時は検診間隔をのばして良いとの考えがあります。
HPV検査については、こちらから積極的に頼むという選択があります。
可能であれば、これらについて、詳しく納得出来るまで説明をしてくれる医師がいるといいのですが。

ログイン ID・パスワードを忘れた方