女性のガンについて

女性のガンについて

女性のガンについての悩み、不安や質問など書き込んでください。

Q:中程度異型性Hpvハイリスク

2010/03/27 20:48  shora

初めて相談させて頂きます。

2月末に初めて行なった子宮頸がん検査結果が中程度異型性だったとの事で今月コルポ診を行いました。その際酢酸をかけたところ病変があまりはっきりしないと言う事で、その日は組織診は行わずまた再度2ヵ月後に細胞診と組織診をする事になりました。
Hpv検査も昨日ハイリスク陽性(型まではわかりません)との結果が届きました。

①中程度異型性 Hpvハイリスク感染にも関わらずコルポ診で病変が見つからないと言う事があるのでしょうか?
②子宮体がんや腺がんの場合でも、頸がんの細胞診で異型性と結果が出るものでしょうか?
もしかしたら子宮の奥に病変があるのではないかと不安です。インターネットで調べても年齢的に体がんになる可能性は低いとわかったのですが祖母も子宮ガン(頸がんだったのか体がんだったのかわかりません)で全摘、母は乳がんで他界しており癌家系な為、次の検査までものすごく不安です。

今の状態では、すぐ円錐手術はできませんか?何ヶ月置きに検査に通う間精神的にきつくすぐにでも手術してしまいたいと思ってしまいます。

乱文で大変申し訳ありませんが、ご回答どうぞ宜しくお願いいたします。

A:回答済

2010/03/29 11:24

レディースクリニック 院長
 文面から察すると2月末に中等度異形成と言われたのは、細胞診検査でという事だろうと思います。
次に酢酸をかけてコルポ診を行ったとの事ですが、コルポ診の際は必ず酢酸を用い、しかも十分時間をかけての検診が必要です。
さて細胞診でクラスⅢa以上、最近のベセスダ法でLSIL以上、組織検査で軽度異形成上皮以上の異常が疑われる時は、約80%の割合でコルポ診に異常が出ると考えられています。

 その点で今回はコルポ診で異常が出なかったとすると、次のような理由がある可能性があります。
1.酢酸の使い方が不十分か、異常の部分が少なくて、今回のコルポ診で異常があったのだけれど見つける事が出来なかった。
2.普通異常の出来やすい子宮の出口に異常の部分がなく、頚管という奥の部分(コルポ診ではよく見えない部分)に異常があった。
3.細胞診検査の方の判断が適切でなかった。   などです。
 但しHPVリスクが陽性ですので、1〜3のいずれだとしても再検査が必要です。出来れば1-3ヶ月後の間にがんを専門にしている病院に行かれる事をおすすめします。
そこで、もう1度詳しくお話を聞き、検査をうけると良いでしょう。

 なお、今すぐ円錐切除をする事はあまりおすすめ出来ません。円錐切除というのは、異常のある部分をコルポ診で確認し、その異常のある部分を中心に切除するものです。
どこが異常で、どこが正常か分からないで手術をすると、正常な部分を切除して、逆に異常な部分が残る事もあるという事になります。
この手術については、手術の可否や方法に関して、経験の深い専門医の知識と技術が必要になります。

 最後に子宮体がんや腺がんについてですが、子宮体がんは子宮の奥に出来るがん。腺がんは大部分子宮頚がんが出来る場所近くに出来るものです。これら2つのがんは別々のがんです。
ただこれらはいずれも腺がんで、今回の様に中等度異形成上皮を疑う扁平上皮がんとは型の違うものです。
実際の細胞を見ていないため、断定出来ませんが、文面からだけでは今回の異常な細胞は、腺がん系統の異常ではないと推測されます。

ログイン ID・パスワードを忘れた方