女性のガンについて

女性のガンについて

女性のガンについての悩み、不安や質問など書き込んでください。

Q:婦人科検診(子宮細胞診)結果。

2009/11/06 0:43  まめ

つい1週間前くらいに受けた会社の健康診断で2年ぶりに婦人科検診を受けました。
婦人科内診所見でも『異常なし.A判定』だったのに対し、子宮細胞診の結果の欄に『頚部・膣部 クラスⅡ 核肥大した扁平上皮化生』と記載されており、判定は『D判定』でした。
(判定基準→A:正常 B:軽度の異常 C:要経過観察 D:要再検査 E:要治療 F:要精密検査 G:治療継続)

【指示事項】の欄に、
【要再検査】
<子宮細胞診(頚部・膣部)>
・6ヵ月後に再検査をお受けください。

と書かれていました。

他の項目が全てA判定だっただけに、とても不安になっています。
『6ヵ月後に再検査』と書かれていますが、やはり半年待って検査した方がいいのでしょうか?
不安ですぐにでも病院に行きたいくらいなのですが…。
何故6ヵ月後なのでしょうか…?

また、『核肥大した扁平上皮化生』とは一体どういうことなのですか??

A:回答済

2009/11/07 9:18

産婦人科クリニック 院長
 6ヶ月後の検診をすすめられたのは、細胞診の判定がクラスⅡで扁平上皮化生細胞が出ているからでしょう。
もちろんこの状態はがんや将来がんが疑われる状態ではありません。何らかの炎症などのせいでこの様な変化がよく出てきます(核肥大・・・は正常の細胞が良性の範囲だけれど姿を変えたという意味です)がんではないのに炎症やホルモンのバランスが崩れたりすると、この様な表現になります。念のため6ヶ月後に再検査をうけてみたらどうでしょう。・・・というのが今まで40−50年つづいてきました。

 しかしがんではないのに、6ヶ月後に再検査はおかしいという事で
今年の夏から、日本ではベセスダシステムという、今世界中で採用されている診断基準が採用されるようになりました。この基準で言うと、今回の結果はNILM=1年後の検診で良いという事になるように思われます。
 従って急いで病院で精密検査をうける必要はありませんが、心配なら専門医と相談されると良いでしょう。
なお、この回答は実際の検査した標本を見ていないので、質問の方の検査が異常がないという事を保証するものではありません。

 なおクラスⅡ、ベセスダシステムなどは当ネット、女性の病気:婦人科の病気、子宮がん をごらん下さい。またQ&Aをクリックしていただくと沢山の同じような質問と回答を見ることが出来ます。

ログイン ID・パスワードを忘れた方