女性のガンについて

女性のガンについて

女性のガンについての悩み、不安や質問など書き込んでください。

Q:今までクラスⅢa。今度はLSIL。これって何ですか。

2009/05/29 11:08  MIKI

今まで子宮がん検診でクラスⅢaと言われてきました。コルポスコープ検査というのも受けて組織検査も受けましたが軽度異形成上皮との事です。
担当の先生は3ヶ月に1回(最近は6ヶ月に1回)の検診で良いでしょうと言ってくれていました。
 今回の検診ではLSILと言われました。
クラスⅢaと同じものだからと言われましたが、ⅢaとLSILとは全く同じものなのでしょうか。
急に結果が違うと心配になります。

A:回答済

2009/06/03 16:13

レディスクリニック院長

 今までがん検診のうち組織診検査はクラス分類と言ってⅠ〜Ⅴまでの数字で結果が出ていました。最近はベセスダシステムと言って新しい表現方法に変わりつつあります。
LSILというのはlow grade squamous intraepithelial lesionの略で軽い扁平上皮内病変と表現されます。
細胞診検査で異常は見つかるものの、その程度は軽く自然に異常が消える可能性が高い状態を言います。
ただし、さらに進む可能性が0ではないため定期的な検診は欠かせません。
検診の間隔やどんな検診が適切かは担当の先生からお話があると思います。

 今までの表現で言えばクラスⅢaと同じ評価です。
結論的には今までと変わってないと考えて良いでしょう。
今の状態がつづくなら、これまで通りの検査がすすめられると思われます。
コルポスコープ検査を一緒にうけるのはさらに正確だと考えられます。

 当ネット 女性の病気:婦人科の病気、子宮がんの項目を参考にされると良いでしょう。

ログイン ID・パスワードを忘れた方