女性のガンについて

女性のガンについて

女性のガンについての悩み、不安や質問など書き込んでください。

Q:子宮頚がんの組織診結果と影響について

2009/05/20 22:46  ひまわり

はじめまして。26歳、未婚女性です。
昨年6月に、初めての細胞診で3aが出て以来、経過観察中の不安な日々を過ごしています。
まず、今までの経過です。

2006年10月:初性交(24歳)今も相手は同じです

2007年6月〜:風邪をひいたあとカンジダになり、なかなか治らず治療を続ける
この間性交渉はなし(7ヶ月間)

2008年6月:初検診(26歳)でクラス3a 
      組織診の結果は炎症のみ。6ヶ月後に来るよう言われる。
この間性交渉はなし(4ヶ月間)

2009年1月:細胞診でまたクラス3a、HPV中〜高リスクも陽性
2月:組織診(コルポなし)の結果は異形細胞・HPV感染細胞ともになし。
   円柱上皮域に軽度のリンパ球浸潤を認め、慢性炎症像となっています。でした。

この結果はどういった状況なのでしょうか?円柱上皮域の慢性炎症やリンパ球浸潤というのが気にかかります…。
また、HPVは小さな傷などがあるとそこから基底細胞?に入りこみ感染して、がんへ移行していくというのを目にしたのですが、ウィルスが陽性だった状態で組織診(12 3 7時方向から3ヶ所採取)をしたことで、その大きな傷口からウィルスが入ってしまったのではないかと、毎日不安と恐怖でたまりません。

A:回答済

2009/05/22 10:08

レディースクリニック院長

 今の状態で考えなければいけない点が2つあります。
1つはコルポ診をうけること。
もう1つはHPVのより詳しい検査をうけることです。

 今まで2回組織検査をうけていますが、いずれもコルポ診を伴った組織検査ではないようです。
子宮の出口のがんの出来やすい所は、丸いリング状になっています。この丸い所を丁度時計の針の目盛のように真上なら12時、真下なら6時と表現します。
コルポ診をしないで画一的に12時、3時、7時の方向から組織をとっても、組織上の異常が別の所にあったら、今回のような検査では正確なチエックが出来ない場合があります(例えば2時や9時の位置に異常があった時など)。
コルポ診というのは、子宮の出口の丸いリング状の所のどこに異常があるかピンポイントで見つけ、そこを検査するものです。
コルポ診が可能な専門医を受診されると良いのではないでしょうか。コルポ診について当ネット女性の病気:子宮がんをごらんください。

 またHPVで中〜高リスクが出た場合では、そのタイプがどの型か調べると将来の事がより詳しく分かると考えられます。例えば16型か18型が出ると要注意で、今細胞診がⅢaでも円錐切除がすすめられる時があります。
それ以外の時は、高リスクでも自然に治る方が良いとされておりますので、定期的な検診で良い可能性があります。

 なお今回の組織の結果は異常を示唆しておりません(但し適切な場所を検査しているかは前述の通り不明です)。傷口からHPVが入り込む心配はありません。
当ネット子宮がんの欄や、掲示板に参考になる意見が出ていると思います。
また専門医の意見を聞き、最新のデーターの説明をうけ、安心されると良いのではないでしょうか。
  

ログイン ID・パスワードを忘れた方