女性のガンについて

女性のガンについて

女性のガンについての悩み、不安や質問など書き込んでください。

Q:子宮頸ガン検査結果について

2009/05/19 11:00  べいびー

昨年の11月末に子宮頚ガンの検査を何度か受けてⅢaの結果だったので、今回5月に再検査をいたしました。
11月の結果が、
「少数ですが、核肥大と軽度クロマチン増量及び核形の不正の見られる異型扁平上皮細胞を認めます。」と言う結果で、
今回は同じⅢaで内容が、
「少数ですが、表層〜中層型扁平上皮細胞に核の肥大とクロマチンの増量の見られるdysplastic cellを認めます。軽度異型性が疑われます。」という結果でした。
この違いはわかりやすく言うとどういうことなのでしょうか?
悪くなっているのか良くなっているのか、書き方の違いなのか教えていただければと思います。
また、HPVの検査はやはりやっておくべきでしょうか?

A:回答済

2009/05/19 16:15

産婦人科医院 院長
 昨年11月と本年5月の細胞診の表現は全く同じ意味と考えて良いでしょう。
つまり言葉使いが多少違っても、軽い異型性のある細胞=軽度異形成上皮を疑う細胞がでている=Ⅲa相当という事になります。

 では細胞診Ⅲa=軽度異形成上皮だとしたら(これは細胞診検査ではなくより詳しい組織検査で判断されます)どうなるのでしょうか。
今のところこの状態の人は将来2−3%の割合で初期のがんになる可能性があると考えられています。

 この次必要なのは、今の状態が本当はどうなのかを調べるために膣拡大鏡検査ー組織検査をうける、あるいはHPV検査をうけるという方法があります。もちろん両方とも検査するという選択もあります。
なお検査については当ネット 女性の病気:子宮がんを参考にされると良いと思われます。

ログイン ID・パスワードを忘れた方