女性のガンについて

女性のガンについて

女性のガンについての悩み、不安や質問など書き込んでください。

Q:Leep手術を受けて2年目の検診で軽度異型性

2009/04/03 17:11  Kate

2年前にパプスミアで異常があったためコルポと細胞診をしたところCIN3の状態だったために手術しました。
2年たってコルポをまた受けましたが見たところ異常は無い様、しかしパプスミアでやはり異常がありLow grade(軽度?初期異型性でしょうか?)という検査結果でした。2年だってまだHPVウイルスが消えていなかったり軽度の異型性がみられる事はよくあることなのでしょうか?人の免疫次第だとは思いますが。。それとも初期、軽度の異型性はさほど珍しくないというかそれほど心配すべきものではないのでしょうか?

ワクチンも打ったのにまた異型性、不安だしとってもとっても戻ってくるのでは。。と恐いです。
もしまた手術、となったときはどういう手術になるんでしょうか?以前とった部分を検査に出しましたが癌化はしておらず高度異型性だったようです。

A:回答済

2009/04/04 9:07

今回は多分3つの可能性が考えられます。
1.Leep法で完全に異常部をとり切れていなかった場合
Leep法の場合 他のコールドナイフ法に比べ手術後の再発率が高いというデータがあります。

2.手術後、異常な部分が完全に取り切れていても、しばらくの間、細胞診で軽度の異型性をもつ細胞が出る時があります。しかし、それにしては今回少し長い感じがあります。

3.コルポスコープで異常があった場所以外にウィルスがいた場合。Leep法で切除した所以外に(手術前の検査では異常がなかった所)ウィルスがいた場合です。

 ワクチンは限られたタイプのウィルスしか殺せない事が分かっています(16、18、6、11など、しかし他の数種類のタイプにも効果があるとも言われていますが・・・。)
このためワクチンが効かないタイプがいた時は、効果がない事があります。
またワクチンが効くタイプでも上の1か3の時であれば、ワクチンの効果が出ないと思われます。
当然ワクチンは新たなウィルスの感染予防が目的ですから、既に感染している時は、効果に問題があります。

 今後は担当医との十分な話し合いが大切になるでしょう。コルポスコープや組織検査を再度うけてみる事が必要になる時もあります。
再度のLeepや、レーザーによる円錐切除、コールドナイフによる円錐切除がすすめられる時があります。

ログイン ID・パスワードを忘れた方