女性のガンについて

女性のガンについて

女性のガンについての悩み、不安や質問など書き込んでください。

Q:悪性ブレンナー腫瘍について

2009/03/27 16:51  マサ

先日母が悪性ブレンナー腫瘍と診断されました。ステージはⅢ-Cとのことです。
手術は大腸にくっついていたので切除し、小腸も切除しました。また大網も取りました。取れてない箇所は脾臓に1.5cmの腫瘍とリンパ節部分、です。
医師から抗がん剤が効きにくいかもしれないといわれました。症例がきわめてすくないとのこと。どうすればよいでしょうか?良い治療法はありませんか?

A:回答済

2009/03/30 8:55

 悪性ブレンナー腫瘍は非常に稀な病気です。
何か特別な治療法があると良いのですが、転移がある場合は、他の卵巣がんと同様の治療法になる可能性が高いと思われます。

 他の卵巣がんと同様という事は、卵巣がんの標準的な治療法があるため、それに基づいて治療法が提案されるのではないかと言う事です。
今ところ、進行した卵巣がんでは①まず手術をし、②次に抗がん剤による治療を受けるというのが基本の1つと考えられています。
 抗がん剤については、体力があれば抗がん剤を6クール(決まった抗がん剤を定期的に6回受けるという意味です)受ける事が多いようです。
最近はパクリキタセルという薬剤とカルボプラスチンという薬剤の組み合わせが多いのですが、選択される薬剤や投与方法などは、体力等を考えて担当医からお話があるものと思われます。

 抗がん剤の効果がかなり進歩したおり、進行した卵巣がんの方の5年生存率や10年生存率がだんだん高くなってきています。(SEERというデータ)。しかしなおまだ厳しいのが実状です。今後の治療法、見通しなどは、担当の先生との詳しい話し合いが大切であろうと考えます。

ログイン ID・パスワードを忘れた方