女性のガンについて

女性のガンについて

女性のガンについての悩み、不安や質問など書き込んでください。

Q:子宮頸癌検査結果について

2008/06/18 21:11  まりまり

先日、子宮頸癌検査で3aが出て、他院で10日後に再度、細胞診、コルポ、組織診、をしました。結果について教えてください。
細胞診の結果→判定2 本標本中にクラス3に相当する細胞は認められませんが、ecに軽度クロマチン増量、核腫大の細胞集団を一つ認めます。組織診の結果→扁平上皮化生を認め、炎症性細胞浸潤とびらん性の変化を認めます。明らかな異型成を思わせる変化はないようです。という結果でした。またその12日後に、HPVの検査をしました。 HPV→陰性だと言われました。先生は問題なしとおっしゃってましたが、こんなに所見があり問題ないのですか?クロマチン増量とか核肥大とか・・・・また ecとは頚菅部という意味ですか?腺癌ができる場所でしょうか?3aで問題なし、HPVも陰性ということは見えない位置に病巣があるHPVの関与がない腺癌なのでは・・・と心配でなりません。お忙しいところ恐れ入りますが、相談にのっていただけますでしょうか。よろしくお願いいたします。

A:回答済

2008/06/19 11:22

2回目の検査は結論から言えば、全て異常なしと言う事でしょう。
1つ問題があるとすると、1回目の細胞診の結果から10日だと次の細胞診では異常があっても、正常と出る時があります。
最低1ヶ月間をあけて検査をうけた方が良いと考えられています。

しかし細胞診がそうであっても、コルポ、組織診では前回の細胞診から日が浅くても異常があれば分かります。
このレポートにある組織の結果はいろいろ記載がありますが、全て正常という意味です。
ところで前の2回目の細胞診に戻りますが、ecとはendocervixの意味で子宮頚管と考えて良いでしょう。ここにある軽度クロマチン増量とは、そのまま異型性があり、がんや前がん状態を疑わせるものではなさそうです。
少しでも異型性があれば、顕微鏡で見る数千ー数万の細胞にたった1個の異常があってもクラス2(Ⅱ)という事は決してありません。少なくともⅢa以上の評価をうける事になるでしょう。

なおHPV陰性は良かったのではないですか。腺がんもHPVハイリスク、特に18型が関係すると言われています。HPV陰性という事はこれらについても心配がないとも考えられます(但し腺がんについてはまだ分かってない部分がありますが)。これについては細胞診とコルポ診がカバーしてくれる筈です。
なお3ヶ月後、もう1度検査をうけた方が良いかと思います。

ログイン ID・パスワードを忘れた方