婦人科の病気.

婦人科のがん検診を受けたほうが良い理由

癌検診は必要か?

がん検診については、うける意味がないという説と、うけた方が良いとの説があります。当サイトは婦人科の検診に関してはうけた方が良いとの意見をもっております。 その理由は以下の通りです。

  1. 子宮癌に関しては、癌検診をうける方が増えるのに従い、癌の患者さんが減ってきた事が明らかであること。
  2. 発見された癌の中で早期のものの割合が増えてきており、癌検診の効果 であると考えられること。
  3. 婦人科癌の検診では検診そのものに危険性がないこと。
  4. 費用がそれ程かからないこと(札幌市在住の方ですと、30才以上の方はすこやか検診で検診が出来ます。)
  5. 子宮癌については、これまで考えられなかった程の若い方にも見つかることがあるようになり、進行する迄無症状である可能性があることなどからです。    
でも癌の検診では気をつけなければいけない事もあります。  
  1. 癌検診は信頼出来るのか。 例えば大丈夫だと言われたら絶対大丈夫なのか。あるいは癌の疑いがあると言われたら本当に癌なのかといった事です。
  2. 子宮癌はともかく、卵巣癌は本当に検査に値するかといった問題もあります。
これに対する当サイトの考えは次の通りです。  

1)まず子宮頚癌については癌、異形成上皮(一種の前癌状態みたいなもの・・・但し自然に良くなることもある)※というのが要注意ですが、これは1つの検査で行うものではなく、通常3つの過程を経るので間違いは少ないと考えられます。検査は

  1. 細胞診(スクリーナーと言ったライセンスをもった検査技師及び細胞指導医による判定)。
  2. 膣拡大鏡診(実際の診察にあたる臨床医の判定)。
  3. 組織診(主に顕微鏡下で診断を下す病理医の判定)と3つの過程を経ます。
つまりそれぞれの段階で異なる立場の専門科がチェックをする訳ですから正確性は高いと考えられます。  
ただ大切な自分の健康に関する事ですから、全て医師の言葉をうのみにせず少しでも疑問の点があったら説明を求める事です。 またセカンド・オピニオンと言って他の医師の見解を求める事も最近では行われるようになってきております。

次に子宮体癌の検診ですが、子宮頚癌と同じように(a)細胞診 (b)組織診が行われます。ただ膣拡大鏡診は行われず代わりに(c)子宮鏡検査といって子宮の内腔を内視鏡で見る事も時にあるようになりました。
 なお子宮頚癌も体癌も疑わしくなるとさらに他の精密検査をうける事もあります。

(2) これに対して卵巣癌の検診は今のところ子宮癌程正確性はありません。  
ただ卵巣癌はこの所増えている事、何か自覚的な症状が表れて来院された時には進行した癌である事が多いことなどから、子宮癌検診をうけられたついでに検診をうけておく事はそれなりに意味があると考えらます。  

当サイトでの卵巣癌検診は超音波検査で卵巣の大きさのチェックをしております。卵巣の直系が最大35mm以上(医師によっては30mm以上)の時は要注意とし、定期的な通 院をおすすめ致しております。猶卵巣が大きい時は、その内容もチェックの対象となります。※ 病院によっては腫瘍マーカーといって血液検査を行う所もあります。 最近米国のある施設で行われている検査(スクリーニング)について少し御紹介しましょう。

なお、卵巣癌検査については、その検査内容、費用とも各施設で様々です。予めお問い合わせしておくことも大切です。

ログイン ID・パスワードを忘れた方