最新健康情報

漢方の効果

認知症に伴う症状に漢方が効く可能性がある。

認知症の主な症状は、1.病気である事を自分では理解できない。2.記憶障害。3.言葉がよく出ない、などです。 しかし周辺症状といって徘徊、暴言や妄想あるいは同じ事を何度も聞く、過食、さらに暴力など介護をする家族にとって、あるいは介護の専門スタッフにとって大きな負担になっている時があります。 そして実際はこれらの周辺症状の管理の方が大変という意見をよく耳にします。 これらに対しては主に抗精神薬という薬剤が使われていますが、最近は「抑肝散」という漢方が効くケースがあるというデータが出ています。(東北大学、筑波大学など) 認知症の人ですと、いろいろ身体に弱い所がある人が多く、抗精神薬の副作用が出る時もあります。 漢方だと安心して利用できるという利点もあります。 今家族の認知症で悩まれている人は、1度は主治医と相談してみると良いかも知れません。

ログイン ID・パスワードを忘れた方