最新健康情報

歯と健康

歯周病と妊娠 歯周病は早産の原因になる?

 虫歯や歯周病と妊娠の関係は以前からいろいろ指摘されている事があります。 例えば、 1. 早産の原因になる 2. 妊娠中毒症になりやすい 3. 赤ちゃんが低体重になりやすい 4. 妊娠中の糖尿病になり易い 5. 赤ちゃんの口腔内の病気と関係する事がある この他妊娠との関係だけでなく、歯周病と心臓血管の病気、呼吸器の病気、糖尿病などとの関係があると言われています。  妊娠したお母さんは、日常の行動や、薬、食べ物、嗜好品などにはとても注意を払います。 しかし歯周病を始めとする、口腔内の衛生については意外と盲点で、あまり気にとめない人が多いようです。実際の所、産科医もつい最近までは気づかなかったとも言えます。 最近は妊娠中、主に次のような注意をした方が良いという指導がなされるようになってきています。 1. 少なくとも柔らかい歯ブラシで最低1日2回は歯磨きをする。朝と寝る前 2. 栄養のあるものを食べ、甘い物に注意する(制限する)。 3. 少なくとも半年に1回は歯科のチェックをうける。

妊娠したらまず歯医者に!歯周病と早産、妊娠糖尿

歯周病は単に歯科の病気だけではなく、全身の病気と関係があるらしい事はだんだん分かってきました。 妊娠した時も健康な赤ちゃんを産むためや、自分の健康のためにも歯の状態をチェックしておく事は大切なようです。 この欄でも何回か指摘した事がある通り、歯周病は、早産の原因になる事があると考えられています。 また妊娠中に尿中の糖が出たり、血糖が高くなる妊娠糖尿になる率も高くなるという研究もあります。 この妊娠中にだけ出る糖尿病の症状は、従来赤ちゃんを産んだ後に良くなり、後遺症のないものと考えられていました。しかし現在は後になって糖尿病が発生する(2型糖尿病といいます)タイプになる可能性があると考えられています。 これらは妊娠中の歯周病を予防すると、かなり効果があると考えられています。 歯周病の治療そのものは基本的に赤ちゃんに悪い影響を与えません。 妊娠したら歯医者さんにみてもらう。歯周病がなければ予防の心構えを。歯周病があったら早目の治療をうけるようにするというのが最近の考えのようです。

歯周病と流早産。

 歯周病が全身のいろいろな病気と関係するという研究があります。 例えば狭心症や心筋梗塞など心臓血管の病気との関係です。 産婦人科の領域では、流産や早産と関係するという研究があります。 しかし一方で、歯周病はこれらの異常とは関係ないという研究もあります。  2009年の日本産科婦人科学会ではこの歯周病と流・早産がやはり関係があるのではないかという研究の結果が発表されていました。 1つはネズミ(マウス)に歯周病の原因になるP.ジンジバーリスという細菌が出すジンジバインという有害な酵素を与えると、出産したネズミは低成長だったり死産が多かったそうです。 このジンジバインを調べると胎盤に多く集まり、胎盤の組織が破壊される像が認められたそうです。  また人間の場合、早産で生まれた人の胎盤を調べてみると、正常のお産の人に比べてジンジバインが多くいた可能性が出たそうです(ジンジバインを攻撃する抗体を調べる方法で調査したそうです)。 これらの結果から、人間の場合も、早産の人では胎盤に歯周病の影響が出ている可能性が確認できそうだとの事です。  いずれにせよ、妊娠前や妊娠初期には、歯周病を治療しれおいた方が良い事は確かのようです。

ログイン ID・パスワードを忘れた方